スマホゲームの影響

スマホが出るまでは、モバゲーやグリーやミクシィなどの携帯ゲームが爆発的な人気でした。モバゲーの初期などは人気アニメなどのタイアップゲームなどもなく、くだらないけどやってしまうようなミニゲームが面白くて携帯をカチカチ飽きもせずやっていたものです。

それが怪盗ロワイヤルあたりから、幸せなゲームサイトからアイテムを盗み合うという恨み合いのゲームサイトへと変貌していきました。その次に来たのはカードゲーム系。子供の頃にカードゲームが主流だった世代に受けたのでしょうが、ファミコン世代の自分には何が楽しいのか分からない。動かないカードで戦うという楽しみが伝わってこない。でもこれがウケたのか、いまだにカードゲームが多いです。

しかし、スマホに変わり携帯に比べ画質もよくなり動きのあるゲームが増えてきました。モバゲーやグリーなどは変わらずですが、グーグルプレイなどで配信されているゲームなどは動きもありファミコン世代の自分のツボをつきました。

しかし、画面が小さいためか少々目に疲れが…。最近は、ゲーム稼働時間をほどほどにしています。