生活習慣が肌に影響する

あなたの生活習慣はニキビ悪化に協力していませんか?ニキビはホルモンの作用によって起こることもありますが、生活習慣の悪さが影響で起こることが多いのです。ポイントは「食生活」と「睡眠」です。食生活が悪く栄養のバランスが偏りがちだとニキビが増えます。ニキビを予防のためには、ビタミンCを豊富に摂れる食品を中心にするだけではなく、幅広い栄養分のある食品をバランスよく食べることが大事です。毎日同じものばかり食べていると栄養分が偏ります。ですから食事のときは、いろんな食材を使って毎日バランスよく食べるように工夫してください。

それから案外「睡眠」というのも重要になってきます。人の睡眠中にはカラダの中で「成長ホルモン」が分泌されます。これがお肌を美しく保つためにはとっても重要であり、成長ホルモンは新陳代謝を良くして、肌のダメージを治してくれます。質の良い睡眠をとることでニキビからお肌を守ってくれるのです。午後10時~午前2時まではお肌のゴールデンタイムと呼ばれており、お肌の修復をしてくれる大切な時間です。日頃からニキビに気をつけたいという方は、この時間を含む7~8時間の睡眠を心がけましょう。

このように生活習慣に気をつけていれば、ニキビは予防することができます。食生活の改善は手間がかかるかもしれませんが、それが確実にニキビ予防になるのです。食生活と睡眠時間に気をつけて、しっかりとニキビ対策をしていきましょう。